落とし穴その1

建設業許可の必要性 神奈川県での申請代行はお電話で

落とし穴その1

経営事項審査のプロセスについては、前ページでご説明したとおりです。

では、そのプロセスでの落とし穴とはなんでしょうか。

その落とし穴とは、税務署に提出した決算書そのままでは、「経営事項審査は通らない」ことが圧倒的に多いということです。

sagyou26.png

経営事項審査においては、全国の建設業者様の決算内容を同基準で比較するために、決算内容を精査する必要があります。

具体的には、税務署に提出された決算書の各勘定科目を見直し、建設業者向けの決算に修正することになります。

これは、どのような建設会社様であってもほぼ例外なく修正を余儀なくされています。

この修正を、経営状況分析を受け付ける登録経営状況分析機関との間で行い、全国統一基準となる決算に置き換えます。

また、それだけでなく経営事項審査申請の際にも落とし穴はあるのです。

その落とし穴については、次のページをご覧下さい。

   次のページへ  

落とし穴その1
ご依頼・ご相談は
TEL:045-508-1703
まで、お気軽に。

建設業許可概要

建設業許可の条件

許可後の手続き

関連業務

事務所案内

サイト運営

にらさわ行政書士事務所
代表:行政書士 韮沢泰
〒230-0051
神奈川県
横浜市鶴見区鶴見中央2-5-3-301
TEL:045-508-1703
FAX:045-508-1704
QR_CODE
グループサイト ⇒  外国人の就労ビザ