経営業務の管理責任者

建設業許可の必要性 神奈川県での申請代行はお電話で

経営業務の管理責任者

経営業務の管理責任者とは、

経営、経理や請負契約業務などの面で特殊性が高い当業界において、知識経験を十分に有する人であり、経営の責任者です。

法人では、常勤の役員のうちの一人が、経営業務の管理責任者となります。

個人事業では、本人または支配人のうち一人が経営業務の管理責任者となります。

経営業務の管理責任者となるための条件は、次のとおりです。

許可あり 許可なし
取得したい業種を営んでいた
法人での役員経験
5年以上
★☆☆
5年以上
★★☆
取得したい業種「以外」の建設業を
営んでいた法人での役員経験
7年以上
★☆☆
7年以上
★★☆
取得したい業種を営んでいた
個人事業経験
5年以上
★★☆
5年以上
★★★
取得したい業種「以外」の建設業を
営んでいた個人事業経験
7年以上
★★★
7年以上
★★★
取得したい業種の建設業を営んでいた
法人の支店長等の経験
5年以上
★★★
取得したい業種の建設業を営んでいた
個人の事業専従者の経験
7年以上
★★☆

経験上、★が多いほど、(当事務所の経験から)証明する難易度が高くなります。


上記が主な経営業務の管理責任者となるための条件です。

このほかにも、契約書や注文書、請求書などの確認書類があれば、対象となる場合があります。


経営業務の管理責任者として認められる条件は、大変複雑です。
また、上記の経験があるだけではなく、それを裏付ける資料の提出が申請の難易度を高めています。

そして、経営業務の管理責任者となれないことが申請を断念する一番の要因でもあります。


そのため、条件を満たすかどうかは、早目にご相談いただくことをお勧めします。

経営業務の管理責任者
ご依頼・ご相談は
TEL:045-508-1703
まで、お気軽に。

建設業許可概要

建設業許可の条件

許可後の手続き

関連業務

事務所案内

サイト運営

にらさわ行政書士事務所
代表:行政書士 韮沢泰
〒230-0051
神奈川県
横浜市鶴見区鶴見中央2-2-23
モナーク鶴見312
TEL:045-508-1703
FAX:045-508-1704
QR_CODE
グループサイト ⇒  外国人の就労ビザ