専任技術者

建設業許可の必要性 神奈川県での申請代行はお電話で

専任技術者

専任技術者とは、

確実な施工監理を行うための技術面を指揮総括する人です。

従って、国家資格を始めとした資格を有していることが条件で、資格がない場合には、該当する業種について技術的な経験が豊富な人物であって初めて専任技術者となれます。

また、専任技術者は常勤の社員であることが必要です。

専任技術者となれる条件は、つぎのとおりです。

  • 所定の国家資格等を持っている
  • 取得する業種での実務経験が10年以上ある

上記2つのうち、1つを満たしていて、そのことを証明することができれば、専任技術者となることができます。

また、所定学科の大学などを卒業している場合、実務経験が10年から5年や3年に短縮されることがあります。

専任技術者となれる条件は、実務経験で証明する場合、特に困難なケースが多くあります。

早目にご相談いただくことをお勧めします。

専任技術者
ご依頼・ご相談は
TEL:045-508-1703
まで、お気軽に。

建設業許可概要

建設業許可の条件

許可後の手続き

関連業務

事務所案内

サイト運営

にらさわ行政書士事務所
代表:行政書士 韮沢泰
〒230-0051
神奈川県
横浜市鶴見区鶴見中央2-5-3-301
TEL:045-508-1703
FAX:045-508-1704
QR_CODE
グループサイト ⇒  外国人の就労ビザ