【建設業許可】 神奈川県での建設業許可申請を代行している行政書士  横浜市 川崎市

建設業許可の必要性 神奈川県での建設業の行政書士へはお電話で

建設業者の社長へ 建設業の実例

行政書士 横浜市鶴見区で行政書士をしている韮沢(にらさわ)です。

当行政書士事務所ではこれまで、神奈川県庁での多くの建設業許可の取得を、横浜市・川崎市を中心に代行してきました。

上に掲げた建設業者様の実績はほんの一部です。

建設業許可を取得する動機は、

  • 500万円を超える大型工事を受注できそうだ
  • 建設業許可番号を使って営業したい
  • 元請や発注元から建設業許可を取得するよう言われた
  • 銀行融資の条件に建設業許可を取得するよう言われた

などさまざまです。

そして、積極的に建設業許可を取得された多くの会社では、売上や利益率を大きく伸ばしています

それだけ、効果は大きいんですね。

これは、私が許可取得後の決算を拝見した率直な感想です。

神奈川県での建設業許可の取得のうち横浜市・川崎市での申請をお考えの方は、お気軽にお電話下さい。

横浜・川崎であれば、こちらから無料で伺うこともできます。

TEL:045-508-1703

建設業許可の担当は、行政書士の韮沢(にらさわ)です。

お電話で状況をお聞きし、申請できそうか、行政書士の立場から検討致します。

あらかじめ、「自社は条件を満たしているか」を調べたり、「条件がよくわからない」と悩んだりする必要はありません。

当事務所にお任せ下さい。

gadoman10.png

追伸:

行政書士の仕事をしていて一番うれしいのは、建設業許可を取れたことで売上が伸びたと言って下さるお客様が多いことです。

「また売上が伸びたよ」なんて報告していただけると行政書士として本当にうれしいですね。

横浜市・川崎市で建設業を営む社長様。建設業許可を取得して、売上を上げる喜びを、是非ご一緒に。行政書士に依頼するメリットが必ずあります。

TOPIX
・2008/03/07 建設業許可申請書の様式などが変わります
神奈川県での建設業許可申請について、 申...
・2007/11/22 経営事項審査(けいしん)大改正
経営事項審査(けいしん)は、平成6年以来...
・2007/11/21 建設業許可サイトがより専門性を重視して独立しました
これまで、行政書士韮沢事務所内で運営され...

建設業許可概要

建設業許可の条件

許可後の手続き

建設業関連業務

事務所案内

サイト運営

にらさわ行政書士事務所
代表:行政書士 韮沢泰
〒230-0051
神奈川県
横浜市鶴見区鶴見中央2-2-23
モナーク鶴見312
TEL:045-508-1703
FAX:045-508-1704
QR_CODE
グループサイト ⇒  外国人の就労ビザ

にらさわ行政書士事務所 行政書士 韮沢泰

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-2-23 モナーク鶴見312

相互リンク